MENU
LIFE

【自己投資】今すぐ結果を出すための自己投資のキホンを解説します

どもども!くまたんです🐻

みなさんは普段から自己投資をしていますか?

もしかすると「自己投資って一体どうやって始めるの」と疑問に思う人も多いかもしれません。

それもそのはずです。

学校や会社では自己投資については教えてくれませんから

自分で勉強するしかないのです。

今回は「自己投資って一体どうやって始めるの」と疑問に持つ人を対象に

自己投資の始め方と具体的な実践方法について解説していきます。

自己投資とは

みなさんは自己投資と聞いてなにを想像しますか?

多くの人は英語や簿記などの仕事で必要となるスキル系の勉強、もしくは美容な健康を維持するためにおこなう行為を想像するでしょう。

正解です。

自己投資とは現時点でできていないことを身につけ、未来の可能性を広げるための取り組みのことです。

現代のような常にめまぐるしく変化し、個人間で競争を意識せざるを得ない今の世の中においては、常に時代の流れを読みつつ、臨機応変に行動する力が必要とされます。

そしてこの臨機応変に行動する力は自己投資でしか手に入らないのです。

いわば自己投資は人生における最大の武器になり得るのです。

先延ばしにする癖

自己投資の必要性については説明しました。

では早速始めてください!

と言っても、なにをいつから始めればよいか分かりませんよね。

まず始めるタイミングについてですが簡単です。

自己投資を始めようと考えた今その瞬間が始めるタイミングです。

ただ、実際に行動に移せる人はごく僅かしかいません。

それもそのはず

始める理由よりも、始めない理由の方が圧倒的に多く存在するからです。

私もかつては「今はお金がないから」「今日は友達との約束があるから」という理由で常に行動を先延ばししていました。

このようなままではいくら経っても自己投資を始めるタイミングはきません。

次からは自己投資の最初の一歩を踏み出す方法について解説していきます。

小さなことから始める

最初はどんな小さいことでも大丈夫です。

自己投資に大きさなんて関係ありません。

比較するのは昨日の自分であって、昨日より少しでも前進していればそれで充分だと思います。

例えば、今となっては1日に2冊の本を読む私ですが、最初の頃は1日10ページ読むのが精一杯でした。

ただ毎日毎日1ページずつ読むページを増やしていくことで、今のここまで読めるようになりました。

どんな小さなことでもいいんです。

昨日の自分より一歩前進しましょう。

まずは机に向かうこと

自己投資を続けるコツは習慣化することです。

一番簡単なのは机に向かうことです。

例えば、家に帰ってお風呂を出たらまずは机に向かい本を読む。

最初は漫画でも大丈夫です。

その後段々と時間を延ばしたり、学習書に変えてみてください。

最初は机に向かうことは難しいでしょう。

まずは何も考えず、机に向かってください。

一切の意識をなくすくらいの気持ちでとにかく机に向かってください。

習慣は毎日の継続が鍵となります。

どんなに小さな一歩でもいいので継続しましょう。

一気に成長するための自己投資

自己投資を始めることができれば、次は質と量にこだわっていきましょう。

しっかりとした方法でおこなえば一気に成長することも可能です。

次からは私が実際に実践した方法について解説していきます。

強制的に時間を作る

仕事や家事などが忙しくて自己投資に回す時間がないと悩んでいる人も多いと思います。

自己投資と仕事家事を両立するためには時間に優先順位をつけることが鍵です。

とにかく自己投資の時間を最優先してください。

仕事も趣味も自己投資も全部均等にやろうとしないでください。

全てが中途半端に終わるだけです。

具体的にはまず、自己投資に費やす時間を決めてください。

決めた時間を1日24時間のスケジュールから最初に引いてください。

余った時間を仕事や趣味などに分配してください。

このように最初に強制的に自己投資の時間を確保してしまえば、後から時間が無かったなんてことは防ぐことが可能です。

ぜひスケジュール帳などを用いて実践してください。

とにかく量をこなす

よく効率の良い勉強方法を探す人がいます。

確かに効率の良い勉強も大切です。

ただ私は、基礎となる足腰ができていない時期はとにかく量をこなすことが一番大切であると考えています。

数多くの本を読んできた中で「〇〇時間で分かる〜」「中学生にも分かる〜」などの本に書いてあることは見掛け倒しの知識である場合がほとんどです。

とにかく時間はかかってもいいので量をこなしてください。

そして基礎を鍛えてください。

自分の基礎ができてから徐々に質にアレンジを加えていけば良いのです。

読書でインプット

私は本を読むことが一番の自己投資だと考えています。

世間では高いお金を払ってセミナーに通ったり、情報商材を買われる人がいます。

否定はしませんが本当にコストと結果は見合ったものなのでしょうか。

一方で読書は1冊たったの1000円程度でその分野で実績のある人の知識や経験に触れることが可能です。

私は読書ほど効率の良い自己投資はないと思います。

ちなみに本を読む際ですが、その分野に精通したいのであれば最低でも同じ分野の本を5冊は読んでください。

それぞれの本には著者によって違ったことが書かれているので、1冊の本だけを読んで精通した気になるのは危険です。

また、読む際に疑問に感じた箇所に線などを引いくと後から見返すことができ、より学習しやすくなります。

とにかくボロボロになるまで読んでみましょう。

おわりに

ここまで自己投資の始め方と具体的実践方法について解説してきました。

自己投資において一番大切なことは最初の一歩を踏み出すことです。

そしてこの一歩はどんなに小さな一歩でも構いません。

昨日の自分より前進することが大切なのです。

ぜひ、みなさんも自己投資をして昨日の自分より成長しましょう。

ABOUT ME
kumatan
どもども!くまの化身こと『くまたん』です。年に700冊読むほどの読書好き。みんなに読書の素晴らしさを広めるのがお仕事。今の目標はブログとVtuberで収益を出して生きていくことだよ。みんな仲良くしてね!