MENU
LIFE

【ドラえもん学①】スネ夫から学ぼう!人生をより有意義にするコツ

青い球体

どもども!くまたんです🐻

みなさんは「ドラえもん」をご存知ですか?

知らない人の方が少ないでしょう。

ドラえもんは漫画家不二子・F・不二雄によって書かれた架空のネコ型ロボットの話です。

簡単に説明すると「22世紀からやってきたドラえもんが様々な未来の道具を使って何をやってもダメな小学生野比のび太を助ける」といった内容

今やドラえもんは漫画だけでなくアニメ化もされ、毎年3月には映画も公開されるほど多くの日本人から愛される作品となりました。

どうしてここまで愛され続けるのか。

私はこの問いに答えを出すべく「ドラえもん学」の第一人者であり作家の横山泰行さんの著書を片っ端から読みました。
(面白すぎて1日で全て読破しました!)

うさたん
うさたん
ど、ドラえもん学?
くまたん
くまたん
ドラえもんに登場するキャラクターから生きる上でのコツを学ぶことをドラえもん学というんだ!

横山さんは「ドラえもん」のコミックス全45巻にあるテキストをすべてエクセルで管理するなどしてキャラクターの行動パターンを分析し「ドラえもん学」を提唱した人です。

今回は横山さんの著書を通して学んだ「ドラえもん学」の中でもスネ夫の生きかたについて解説していきます。

「スネ夫」という生きかた

みなさんは「スネ夫」に対してどんなイメージをお持ちですか?

「いじわる」「臆病」「お金持ち」「マザコン」

どちらかというと悪いイメージの方が思い浮かぶのではないでしょうか。

うさたん
うさたん
私も嫌な奴ってイメージがあります

しかし、著者いわくこのスネ夫の生き方にこそ、変化が目まぐるしく適応の求められる現代を生き抜くヒントが隠されているというんです。

うさたん
うさたん
す、スネ夫から?人生のヒントが!?

そもそもスネ夫に悪いイメージが多いのは「ジャイアンと共に行動する中でのび太にちょっかいをかけるシーンが多く見られる」ためです。

ただこのスネ夫実はすごい奴なんです!

・新しいものや魅力あるものに対しては目がなく、常にジャイアンを持ち上げて気分良くさせるなど本来は好奇心旺盛でホメ上手

・自分をより大きく見せるセルフプロデュースに長け、経験を具体的かつ奇想天外に話すことで人を惹きつける話術の天才

今の現代に求められる要素を全て持ち合わせているんです!

次からはスネ夫を「ホメる力」「セルフプロデュース」「トーク力」の3点から解説していきます。

ホメる力

著者いわく、スネ夫のコミュニケーション力を支える大きな要素として、相手をホメる力があるとのこと。

例えば、スネ夫がジャイアンをホメる際には「アドバイスをしながらホメる」「キツイことを言いつつホメる」など、驚くべきテクニックが隠されています。

みなさんはついついストレートに自分の意見を伝えたりしていませんか?

確かに正直な意見や気持ちを伝えることは大切だと思います。

ただ、それによって人を傷つけてしまうなら、スネ夫のように、人を幸せな気分にするコミュニケーションを試してみるのもありかなと私は思いました。

セルフプロデュース力

スネ夫の口癖に「うちのパパが○○と知り合いでね」というものがありますよね?

なんかうざい奴と捉えられがちですが、この手法「人脈アピール」は自分に信頼を集める上で効果的なんです。

相手に対して「この人はこんな凄いひとと知り合いなんだ」と巧みに思い込ませ、話に夢中にさせる力はあっぱれの一言

私自身は別にものすごく偉い人を引き合いに出さなくてもいいと思います。

その分野にある程度精通していて実績のある人なら誰でも大丈夫です。

例えば「私もママ友でブログで月に10万円稼いでいる人がいるんだけど〜」と前置きを入れることでグッと話に集中してもらうことが可能です。

みなさんも何か大切な話をする時にこの「人脈アピール」を活用してみてください。

トーク力

会社やお客様に対して提案する際に欠かせないのが「トーク力」

スネ夫はこの「トーク力」においても長けています。

スネ夫がよく漫画やアニメの最中で、ジャイアン達に対して旅行や食べ物の話を自慢していますよね。

するとジャイアンはどうなりますか?

目を輝かせてヨダレを垂らします。

うさたん
うさたん
私も羨ましいなあと思いながらついつい聞き入ってしまいます

このように「スネ夫」は相手の食いつくポイントをしっかりと把握した上で、リアリティを演出し話を進める力を持っているんです。

スネ夫が現代に実在していたら、きっとトップセールスマンであること間違いなしです!

スネ夫まとめ

くまたん
くまたん
スネ夫に対するイメージ変わった?
うさたん
うさたん
はい!スネ夫様は人に好かれる術に長けていて、周囲の人から実は信頼を勝ち取っていることがわかりました!
くまたん
くまたん
い、いつの間にか「様」づけになってる

著者は本書で最後にこのように述べています。

「他力本願の姿勢では、“嫌われない”という現状維持が精一杯。その場に適応した態度を取り、好ましい評価を受けることは、人や社会とのかかわり合いのなかで重要です。『スネ夫は空気が読める』と言い換えてもいいでしょう」

私たち読者からすると「スネ夫」はお調子者のずる賢いやつというイメージを持ちがちです。

ただここまで述べてきた通り、「スネ夫」はどんな場面でも人を惹きつけ人に愛される力を持っていることがわかります。

仕事や私生活で注目を集めたい人はぜひ「スネ夫」のような生き方を真似してみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
kumatan
どもども!くまの化身こと『くまたん』です。年に700冊読むほどの読書好き。みんなに読書の素晴らしさを広めるのがお仕事。今の目標はブログとVtuberで収益を出して生きていくことだよ。みんな仲良くしてね!